中国ドラマ明蘭72話あらすじ感想

明蘭72話あらすじ明蘭72話感想

陛下が顧廷燁を見捨てたと報告を受ける秦氏は澄園をよく見張るよう侍女に指示。

具合の悪い明蘭(めいらん)を盛夫人たちらが集まっていました。

陛下は盛家を相手にしてくれないと明蘭は話し、しばらく様子をみながら考えることに。

明蘭のもとに秦氏側の侍女(向)がやってきて相談があるから来るようにと明蘭に言いますが盛紘(せいこう)たちは反対し追い出します。

行っていたら危ないですよね。

明蘭は身内以外いれないよう石頭に伝えます。

桓王(かんおう)は顧廷燁が兵を率いて出陣したいことを陛下に伝えますが陛下はこの国は自分のもので口をはさむのは早いと注意。

援軍を送ることになり英国公が意思を示します。

朝議で沈従興は顧廷燁を先鋒にと求めますが陛下は反対。

色々相談の結果、平民の身分にして顧廷燁を行かせることになります。

顧廷燁が出陣する様子を明蘭と書蓉は見送り。

いっときして援軍の精鋭がほぼ全滅したことを聞き陛下は倒れます。

秦氏は顧廷燁がなくなったと喜び全部顧廷煒のものと言いますが、顧廷煒は上奏して顧廷燁の息子に爵位を継がせると言ったので秦氏は怒り平手打ち。

顧廷煒はここにきても真面目で良かったです。

黄と名乗る内官が明蘭のもとにやってきて皇后が呼んでるからすぐ参内をと伝えに来ます。

しかしこの内官怪しい。

明蘭は内官と話すうちに宮中の方であるが、皇后の使いではないことを見抜きとらえます。

夜、事態は急変?

謀反が起こってしまいます。

盛紘は驚き長柏は門を閉めるよう指示。

明蘭のもとに詔としょうして部隊がやってきますが、どう見ても怪しいので澄園の門を開けず。

兵たちが入ってこようとし明蘭たちはくいとめます。

しかし、侍女に扮した者が頭巾をかぶってまぎれこんできたようで明蘭はまずいと気づき急ぎ子供・団がいる場所へ。

案の定、頭巾の女は朱曼娘で侍女や常ばあやたちを攻撃し中に入ってしまいます。

朱曼娘が子供に攻撃しようとした時、ぎりぎりで常ばあやが守ってくれ、朱曼娘は倒れなくなります。

書蓉は母がなくなったことを悲しみ、明蘭はみんなを隠し部屋に。

明蘭はみんなを守るよう石頭に伝え明蘭だけ去ろうとすると書蓉が明蘭のことを初めて母上と呼び一緒にいようと言ってくれます。

明蘭は大丈夫守ってあげるといいお別れ。

一方、陛下は敵に取り囲まれピンチ。

外で都の様子を覗う二人の様子が!

顧廷燁たちです!

そして花火が上がります。

花火を合図に陛下を守りに顧廷燁たちは向かいます。

顧廷燁たちの反撃開始です!

明蘭72話、顧廷燁はいつもここぞという時に頼りになる方ですね。

中国ドラマ明蘭72話あらすじ感想
スポンサーリンク