中国ドラマ明蘭73話あらすじ感想「最終回」

明蘭73話あらすじ明蘭73話感想

明蘭最終回です。

顧廷燁が戦ってるシーンからスタート。

澄園(ちょうえん)で明蘭(めいらん)が危ない所、顧廷燁が助けてくれます。

明蘭は顧廷燁に今度騙したら離縁すると言い、顧廷燁はもう騙さないと返事し陛下救出へ向かいます。

劉貴妃は皇太后を待っていましたが、すべて劉貴妃に任すと伝えられ馬将軍は喜びますが…。

その時、顧廷燁が来たと知らされ戦いに。

劉貴妃、馬将軍、李内官はしばられ、劉貴妃は皇太后が黒幕と皇帝に伝えます。

皇帝は皇太后のもとへ行きます。

皇太后は計画が失敗し皇帝の罠だったことに気づき失望。

皇帝は顧廷燁のことも全て作戦だったことを伝え、また皇太后を罰さず離宮に移したいだけということを伝えます。

これで宮中のことは一件落着。

一方、秦氏。

屋敷に行った者たちが帰ってこないことに秦氏は不安。

そこへ顧廷煒(こていい)がやってきて顧廷燁が生きていることを秦氏に伝えます。

また、皇宮へのことも伝えると秦氏は顧廷煒を叱り、出来損ないと井戸で反省するよう命を伝えます。

負けを悟った秦氏は祠堂で自ら火をつけ…。

平和になり明蘭は盛紘に太鼓で倒れた後に皇后に会った時の出来事を伝えます。

全て陛下の計略だったことに盛紘は驚き。

明蘭が気がおかしくなったようにみせたのもやはり芝居でした。

敵を欺くにはまず味方からみたいな感じでしょうか。

最後は明蘭、顧廷燁のもとに家族たちが仲良く集まり終わりでした。

以上、明蘭最終回感想でした。


中国ドラマ明蘭73話あらすじ感想
スポンサーリンク